過走行の車も買い取ってくれる北海道のスグクル

車の売却金額には、複数の要素が関係してきます。その1つは、今まで車が走ったトータルの距離ですね。いわゆる走行距離です。

 

基本的には走行距離が長すぎると、査定額は厳しくなる傾向があります。査定額がダウンするポイントは2つあって、5万キロと10万キロです。つまり5万キロを超えると金額の大幅ダウンが発生して、10万キロオーバーになればさらに大幅ダウンが発生する訳です。ですので4万キロ台や9万キロ台の車をお持ちの場合は、なるべく速やかに売却をする方がお得になる事も多いのですが。

 

ところで人によっては、10万キロを超えてしまっているような車をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そのため買取額が心配という方も、中にはいらっしゃると思います。
しかし業者によっては、かなりの走行距離になっていても買い取ってくれる事があります。具体的にはどのような業者かというと、例えばスグクルです。
オデッセイ 下取り

 

スグクルは、北海道全域に出張を行っていますね。この業者の場合は、かなり走り込んだ車でも買い取っているようです。例えばある時に、スグクルは走行距離が10万キロオーバーの車を買い取っています。しかもその金額は、100万円オーバーですね。そうかと思えば別の車も買い取っています。その方の場合は青森県に住んでいらっしゃるようですが、やはり走行距離が10万キロを超えています。その車の場合は、80万円半ばで買い取られたようです。

 

このようにスグクルというところでは、しばしば走行距離が10万キロを超えているような車を買い取っている訳です。ちなみに年式がやや微妙な車なども、この業者では買い取っているのですが。ですので「北海道地域で走行距離がやや微妙な車を売りたい」と考えているのであれば、ちょっとスグクルで査定を受けてみると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る